TOP > 院内活動 / 研修会レポート

研修会レポート

接遇研修がありました。

8月24日・26日・29日に、接遇トレーナーの中村清美さんを講師に迎え、「患者様・利用者様の要望に応えるステップ」と題して接遇研修が行われました。(参加人数133名)
職員同士でロールプレイングも行い、利用者様の要望に対しては、まず共感する姿勢が大事だと学びました。
この研修での経験を日常の介護に活かしていきたいと思います。

ファイル 80-1.jpg  ファイル 80-2.jpg

2016年09月13日 登録

介護学習会がありました。

7月26日(火)・27日(水)に原田佐登美理学療法士の指導のもと、「移乗について」の学習会が行われました。
職員が安全な移乗技術を実践する事により利用者は安心して移動する事が出来、生活の幅を広げることが出来ます。
利用者を立ち上がらせる前に殿部を前に移動し、浅く腰かける体勢をとることや、ベッドに対して斜めに車椅子を置き、フットレストが足に接触しないように注意する等の基本を再確認しました。  参加人数:93名

ファイル 79-1.jpg  ファイル 79-2.jpg  ファイル 79-3.jpg  
ファイル 79-4.jpg  ファイル 79-5.jpg

2016年08月29日 登録

安全対策研修会がありました。

7月6日(水)・7日(木)にKYTをもとにした医療安全活動についての研修が行われました。KYTは危険予測トレーニングの事で未然防止活動の一つです。何らかの要因で発生しかねない事故を防止するために、予防対策をとる事です。
医療介護の現場では利用者の状況は常に変化しております。利用者が今なにをしたいかなどを考えて、潜在する危険に気付いていけるようにする事が大切だと学びました。参加人数:114名

ファイル 77-1.jpg  ファイル 77-2.jpg

2016年08月29日 登録

CPR訓練を行いました。

CPRとは、心肺が停止した方の呼吸や、循環機能を維持する目的で心臓マッサージ及び人工呼吸を行う事です。 
今回は入浴時に心肺停止となり、病棟で処置にあたるまでを実践的に行いました。
実際に行う事により、たくさんの改善点も見つかりました。今後の課題としてしっかり改善していきたいと思います。 
日時:5月27日(金)15:30~  参加人数:65名
ファイル 76-1.jpg  ファイル 76-2.jpg

2016年07月15日 登録

褥瘡対策研修会

3月16・17日(水・木)、褥瘡対策委員による調査報告・予防法の研修会が行われました。
当院の入院患者の褥創発生率は全国と比較すると大差がないことが分かりました。
当院では日頃から褥創の発生リスクの有無と褥創の重症度の評価を定期的に行い、褥創の予防と早期治癒に向けて対策を行っています。
看護・介護が協力してともに予防に努めることが最善の策だということを改めて学びました。

ファイル 75-1.jpg  ファイル 75-2.jpg

2016年04月15日 登録

ケアプラン発表会

各部署ごとに日頃実践しているケアを発表しました!
利用者さん一人一人に寄り添ったケアが工夫されており、とても参考になりました。
この場での学びを今後のケアに活かしていきます。

★テーマ★
◎南2階病棟・・・・・メリハリのある日常生活を送って頂くために
◎北2階病棟・・・・・高齢患者様の穏やかな生活に寄り添って
◎南3階病棟・・・・・より快適な療養生活を送るために
◎くるみショートケア・・・・・「歩きたい」その意欲がもたらしたものは…
◎デイケア・・・・排泄動作が改善された症例
◎介護センター・・共依存の父と娘への支援

日時:12月9日、10日
場所:会議室
参加人数:110人

ファイル 74-1.jpg  ファイル 74-2.jpg

2016年01月12日 登録

感染対策委員会による講習会

11月4・5日(水・木)、感染委員会による講習が行われました。
手洗い・環境整備(病棟の拭き掃除)・利用者さんの嘔吐時の対応を学びました。
特に手洗いについては事前に全職員が行った手洗いチェッカー検査結果の考察もありました。
洗われる側の非利き手(左手)より、洗う側の利き手(右手)がより汚れが残りやすい事、また手荒れ部分は特に汚れが落ちにくい事が示されました。
私たちは抵抗力の低下している利用者さんに触れることが仕事です。
日々のていねいな手洗いとともに、手荒れの予防・治療も利用者さんを感染から守る事につながるのだと理解しました。

ファイル 73-1.jpg  ファイル 73-2.jpg  ファイル 73-3.jpg

2015年12月16日 登録

第10回 家族介護教室

10月14日(水)に1階談話室にて第10回家族介護教室を開催いたしました!
テーマは「元気に口から食べ続けるために」で、看護の面からは今枝暢子(師長)、栄養の面からは坂口知未(管理栄養士)、運動の面からは原田佐登美(理学療法士)、口腔衛生の面からは山口千春(看護師・歯科衛生士)の4名の講義が行われました。
日常の生活の中で気を付ける事によって健康を維持出来るのではないか?と言う講義で、内容も分かりやすく、学ぶ事が多い講座となりました。

ファイル 72-1.jpg  ファイル 72-2.jpg  ファイル 72-3.jpg
ファイル 72-4.jpg

2015年11月16日 登録

看護実習生 part2

9月28日~10月16日の間、2組目の富山福祉短期大学の学生さんが研修に来られました。
今回も皆さんにコメントを頂いたので、紹介します。

牧山 真由さん
ご高齢の方が多くなる最近では、療養施設の需要も増え、こちらの病院で学ばせて頂いた知識・技術は有意義なものだったと思います。

高橋 まな穂さん
臨床の場で実習させて頂き、日々新しい学びがあります。
大島くるみ病院での学びを活かし、患者様のためを第一に考えられる看護師を目指します。

礪波 美咲子さん
実習での学びから、患者様一人ひとりに合わせた関わりや患者様が安全安楽に過ごす事が出来るような看護を行えるよう頑張って行きたいと思います。

川開 朱夏さん
実習では患者様の笑顔が増えるように一緒に楽しく過ごしたいと思います。

木島 早紀さん
患者様の思いや考えを尊重しながら関わり、信頼される看護師を目指して実習を頑張りたいです。

大森 春佳さん
患者様一人ひとりに寄り添い、患者様を理解し個別性に合わせた援助を行えるような看護師になりたいです。

皆さん、お疲れ様でした。
素敵な看護師になれるよう、応援しています!!

ファイル 71-1.jpg

2015年10月20日 登録

看護実習生 part1

今年も富山福祉短期大学の学生さんが、8月24日~9月10日の間、当院に実習に来られました。
皆さん実習に対して熱い想いを持っておられ、一生懸命実習に取り組んでおられました!
そんな学生さんから、コメントを頂いたので紹介します♪

来年、皆さんのお役に立てる看護師になれるよう、日々努力したいと思います 。【森 大樹さん】

高齢者看護実習での学びを活かして幅広い知識と技術を持ち患者の心に寄り添う事のできる看護師になりたいです。【神山 裕香さん】

実際に看護師として働いた際に学んだ事を活かせるよう、たくさんの経験と知識を積んでいきたいです。【大場 麻衣さん】

この実習を通して学んだ事を看護師国家試験だけでなく看護師になった際も活かしていきたいです。【清水 宣行さん】

3週間の実習の中で目標を持ち取り組んでいます。相手の視点に立って考える事のできる看護師になれるように頑張りたいです。【田中 美咲さん】

ファイル 69-1.jpg

2015年09月15日 登録

ページのトップへ