TOP > 院内活動 / 研修会レポート

研修会レポート

認知症ケアについての研修会

開催日  平成22年10月6日・7日
発表者・・くるみショートケア石川ひとみさん
認知症ケアの理念とは 「その人の尊厳と利用者本位の暮らしの継続を支援すること」「 その人らしく生きること」を関係者が力を合わせて支援していく事 そのためには、認知症である事を理解し、その人が、認知症のために何が起こっているのか、どんな気持ちで暮らしているのか分ってあげる事が大切であるという発表があり、参加者一同、とても勉強になりました。

2010年10月07日 登録

医療連携説明会及び当院見学会の開催

開催日  平成22年8月20日(金) PM2:00~PM3:30
場 所:大島くるみ病院 1F会議室
“急性期病院とのスムーズな医療連携について”をテーマに医療連携説明会及び当院見学会を企画し開催致しました。
当日は富山市・高岡市・氷見市・射水市の公的急性期病院 9病院(12名のご担当者)に参加して頂きました。

【プログラム】
1.医療連携に関する説明会
2.病院見学会
3.懇談会

参加病院様:射水市民病院 金沢医科大学氷見市民病院 厚生連高岡病院 済生会高岡病院 社会保険高岡病院 真生会富山病院 富山県立中央病院 富山赤十字病院 富山大学附属病院

懇談会では「入院待ちの日数について」、「当院の医療体制について」、「急性期病院の実情」「胃ろう/IVHに対する取組み」等についての活発な意見交換があり、予定時間をオーバーして終了しました。

医療連携懇談会を終えて
現在の医療連携に関し貴重な意見交換が出来て非常に意義があったと感じました。
また、今回は当院の見学会も合わせて開催させて頂き、医療病棟やショートケア病棟等の設備や状況も良く知って頂く機会を得て大変有難いことでした。急性期病院様と療養型病院が緊密な関係を築いてスムーズな入退院が出来れば、その中心となる利用者様にとってより良い医療環境の提供につながると思います。
今後とも当院は、高度な慢性期医療を提供する療養型病院としてのあるべき姿を追求して参ります。

宮本事務長
ファイル 16-1.jpg ファイル 16-2.jpg 

2010年08月20日 登録

院内研究発表会

開催日  平成22年7月4日(日)
場 所:大島くるみ病院デイケア室
第5回研究発表会が行われました。
今回のメインテーマは「開院10周年からの軌跡とさらなる飛躍」と題して各部署から発表がありました。

プログラム
第1部:院内職員講習(全職員対象)
 開会挨拶 看護部長(医療安全・院内感染対策・医薬品安全)
 特別講演 「衛生行政の経験から」すずらん理事長 石川 宏 
●勤続10年表彰式
  2名の表彰
第2部:院内発表会
 一般演題
 ・「足湯」の取り組み ~より快適な療養生活を目ざして~
  ショートケア ○本江 延吉  稲垣 郁  道振 明美  松下 恵子
 ・下腿周囲長(ふくらはぎ)の計測について
  栄養科 管理栄養士 庄谷 和子
 特別企画(I)「10周年からの軌跡」
   2-1:医療技術部・看護部
        看護部と研修の軌跡   看護部長 山岸 芳美
        医療技術部門の軌跡   院長 長堀 毅
   2-3:介護サービス部門・病院運営一般
        介護保険サービス部門の軌跡  介護センター長 冨田 幸枝
        病院運営一般の軌跡      事務長 宮本 五輪雄
 特別企画(II) 「さらなる飛躍、一流の長期療養型病院を目指して」
        院長 長堀 毅

講評 理事長 藤田 嘉文

ファイル 15-1.jpg ファイル 15-2.jpg

2010年07月04日 登録

看護学習委員会

開催日  平成22年6月16日(水)、17日(木)14:30~
今回、『臨床検査』について勉強会をしました。
普段当院で行っている血液検査の事や痰の検査についてより深く勉強することが出来ました。
皆さん質問されたりと真剣さが伝わってきました。
発表者:岡田 亜矢子・本保 麻理子

ファイル 14-1.jpg ファイル 14-2.jpg

2010年06月17日 登録

看護実習生の受け入れ

開催日  平成22年4月12~30日
富山福祉短期大学看護学科生 4名が、4月12日~30日まで実習に来られました。
その中の2人の感想を紹介します。

今回の実習では、受け持ち患者さんを決め看護過程を展開するという目標で行っています。偶然にも去年と同じ方を担当させていただき、また会える事が出来とても嬉しいです。毎朝バイタルサインの測定や看護業務など見学・体験させていただき勉強になっています。
この実習で学んだ知識・技術をこれから生かしていきたいです。
 (石動さん)

この実習で多くのケア・看護業務に関わってきましたが、毎日が驚きの連続でした。調べても疑問は尽きず、自分に足りない知識・技術の多さに落胆する日もありました。
数十名もの患者さんを対象に仕事をする職員の方々には感心することばかりでしたし、自分もそうなるには、何をどのようにしていけば良いかを改めて考えさせられる実習となりました。たくさんの経験をさせていただき本当に有難うございました。
 (石田さん)

ファイル 13-1.jpg当院での実習経験を生かして立派な看護師になってくださいね☆

2010年04月30日 登録

接遇研修

開催日  平成22年3月31日・4月1日
『ハートの会」による接客・接遇マナー研修会がありました。
実演をまじえた講習で、利用者様・患者様に気持ちよく心穏やかに過ごしていけるような接し方を改めて考え学びなおす良い機会となりました。

ファイル 12-1.jpg ファイル 12-2.jpg

2010年03月31日 登録

新超音波画像診断装置の導入

ファイル 11-1.jpg開催日  平成22年3月
外来の超音波画像診断装置を更新しました。
体に害のない超音波を利用し、体内臓器(心臓、頚動脈など)を観察し、異常が無いか調べる検査です。検査画像はデジタル保存され患者様への説明や、以前のデータと比較する時に便利になりました。
           
また、新しい装置は常にコンパクトなので病棟での診療にも積極的に活用する予定です。

2010年03月28日 登録

ケアプラン発表会

開催日  平成21年12月3日(木)4日(金)
【発表内容】
(ショート)認知症高齢者に「よりそうケア」を
(南3)QOL(生活の質)向上を目指し
(南2)夜間問題行動のある患者様との関わり
(北2)日常生活能力の回復、生活を活性化させるための取り組み
 ※感染対策委員会:手洗いの手順・防護具の適切な着脱方法
 ※医療安全管理委員会:ヒヤリハット内容の報告
 ※医薬品安全管理委員会:厚労省からの医療安全情報について

感想
長寿介護課の小見さんをアドバイザーに迎えここちよい緊張感の中での発表でした。
患者様の何が問題で、どうして行う必要があるのか真剣に向き合った内容でした。回を増すごとに内容が充実してきています。また、多くの参加者を見て、職員全体の関心の高さも感じました。
最後に、もう少し質問があれば良かったと思いました。

介護センター 冨田 幸枝
 
ファイル 9-1.jpg ファイル 9-2.jpg

2009年12月04日 登録

看護勉強会

開催日  平成22年2月17(水)・18日(木)
看護師  恒川
今回の講義は、看護師対象で「救急時の対応」についての勉強会パート3となりました。
内科系は初であり、時間の関係上で聞きにくい点が多々ありましたが、参加者の方々は、眠る人もおらず、メモをしたり、参考書で予習している姿から、真剣にお聞きいただき有難うございました。
看護の姿勢がひしひしと伝わってきました。
内容としては「基本波形から緊急を要する波形」等でしたが、説明したかった事の50%程度しかできなかったのが残念で反省しています。

ファイル 10-1.jpg ファイル 10-2.jpg

2009年02月18日 登録

医療事務実習生

ファイル 8-1.jpg開催日  平成21年2月15日(月)~26日(金)
富山大原簿記法律専門学校
情報医療秘書学科 医療事務コース 1年生の桜井瑶子さんが2週間の医療事務実習に 来られました。
その感想を紹介します。

2009年02月15日 登録

ページのトップへ