TOP > 院内活動 / 研修会レポート

研修会レポート

看護勉強会

開催日  平成22年2月17(水)・18日(木)
看護師  恒川
今回の講義は、看護師対象で「救急時の対応」についての勉強会パート3となりました。
内科系は初であり、時間の関係上で聞きにくい点が多々ありましたが、参加者の方々は、眠る人もおらず、メモをしたり、参考書で予習している姿から、真剣にお聞きいただき有難うございました。
看護の姿勢がひしひしと伝わってきました。
内容としては「基本波形から緊急を要する波形」等でしたが、説明したかった事の50%程度しかできなかったのが残念で反省しています。

ファイル 10-1.jpg ファイル 10-2.jpg

2009年02月18日 登録

医療事務実習生

ファイル 8-1.jpg開催日  平成21年2月15日(月)~26日(金)
富山大原簿記法律専門学校
情報医療秘書学科 医療事務コース 1年生の桜井瑶子さんが2週間の医療事務実習に 来られました。
その感想を紹介します。

2009年02月15日 登録

介護研修会

開催日  平成21年2月10日
テーマは「安全な車椅子への移乗介助の方法」でした。
介護勉強会委員を中心に定期的に研修会をしています。
まず、委員の方がお手本を見せてから、新人の方を中心に優しく丁寧に教えてくれます。車椅子への移乗は、毎日行う 基本の動作なので、安全を第一に考え、研修したことを生かしていきたいと思います。

2週間という短い間でしたが、たくさんの事を学ばさせて頂きました。外来業務では、診療入力や電話応対について教えて頂き、どうしたらいいか分からない私に、どうやって電話をとれば良いか、確認することを忘れないなど、とても詳しく丁寧に教えてくださいました。他にも事務作業や、レセプト点検や経理なども教えて頂きました。この経験をこれから生かしていきたいと思います。

ファイル 7-1.jpg ファイル 7-2.jpg

2009年02月10日 登録

IVH(中心静脈カテーテル法)と看護

ファイル 6-1.jpg開催日  平成20年10月22日・23日
平成18年度より、当院でも中心静脈カテーテル法(中心静脈栄養点滴法)が導入されました。
おもに経口摂取困難(飲み込み困難)で栄養状態が低下している患者さんが対象となります。現在ご家族の承諾を得て施行されています。
10月22・23日、恒川看護師の説明による看護職員のための勉強会が行われました。

2008年10月23日 登録

富山福祉短期大学実習生受入れ

開催日  平成20年7月22日~31日
富山福祉短期大学実習生受月22~31日、4人の看護科実習生を受入れました。その中の2人の感想を紹介します。当院での実習経験を生かして立派な看護師になって下さい。

ファイル 5-1.jpg

2008年07月31日 登録

病院スタッフ勉強会

開催日:平成20年5月28日・29日
場 所:会議室
テーマ:紙おむつの正しいあて方。新商品の説明

職員も実際にズボンの上からオムツをあてる体験を通して、患者様に負担の少ない尿漏れのないオムツのあて方の再確認をしました。

ファイル 4-1.jpg ファイル 4-2.jpg

2008年05月29日 登録

看護研修会

開催日  平成20年2月21日(水)
開催場所 1F会議室
参加者  29名
テーマ Airwayからの移行「取っ付きにくい気管内挿管からできる気管内挿管を目指して」

 気管内挿管はこれまでは行うことがなかったのですが、重症の患者様が多くなったこともあり昨年から心肺蘇生を積極的に行うようになりました。
今回は気管内挿管介助について、経験豊富な看護師もあまり経験してない看護師も、同じような速やかな動きができるように、全体のレベルアップを目指し研修を行いました。
 
 職員が実際に患者役、看護師役に扮して
・ベッドでの対応の仕方
・救急カートやモニターの搬入
・挿管セットの準備の仕方等を練習しました。
参加者は挿管セットの扱い方や介助の仕方を真剣に練習していました。

ファイル 3-1.jpg ファイル 3-2.jpg

2008年02月21日 登録

院内ケアプラン発表会を開催しました

ファイル 2-1.jpgファイル 2-2.jpgファイル 2-3.jpg

開催日  平成19年12月11日(火)・12日(水)
開催場所 1F職員食堂
参加者   50名
発表テーマ「サービス計画のアセスメントシートをICFモデルに変更したケースについて」
 ・目標ある入院生活を過ごして頂く事を考えて
 ・在宅での自立した排泄に向けて
 ・おむつ外しを繰り返される患者様に対する取り組み

各病棟で1例ずつ、より良いケアを目指して日頃の研究・勉強の成果を発表しました。
実際の事例発表でもあり、各発表者・病棟毎の取り組みが分かり参加者にとっては非常に参考になりました。今後とも私たちは患者様・利用者様に、より快適な療養生活を過ごして頂くために研鑽を重ねて行きたいと思います。

2007年12月11日 登録

接遇研修

ファイル 1-1.jpgファイル 1-2.jpg

富山情報ビジネス専門学校の金堂先生を招いての接遇研修
皆、照れながらも真剣!

相手の良いところを、面と向かって言葉にして褒める!!
・・ちょっと恥ずかしいわ。
マナーの基本は笑顔から!

2007年12月10日 登録

ページ移動

ページのトップへ