TOP > 求人&24H保育室 / 先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ

山岸看護部長のご挨拶

山岸看護部長
 長期療養型病院である当院は、医療病棟では急性期病院からの患者様の受け入れ、介護病棟では慢性期の患者様の療養生活援助を行っています。またディサービスやショートケアでは在宅の患者様の生活支援も行っています。私たちは、常に患者様の立場にたって考え、思いやりのある看護・介護を提供できるように、患者様が入院される時、ご本人やご家族様の意向をお聞きし、ご希望に沿い出来るだけ満足していただけるケアが提供できるよう日々励んでいます。
患者様は高齢な方が多く、日常的に介護の手を多く必要とします。そのため看護職員と介護職員の連携は不可欠であり日常の業務、申し送り、カンファレンス、勉強会など様々な場面で共に学び協力し合っています。
 またゼロ歳から3歳までの24時間院内保育を行っています。子供さんには、「お母さんがいつも近くにいる」ので不安なく、お母さんには、「いつでも子供の顔を見に行く事が出来る」という安心感を持って働いてもらうことができます。
N.I 看護師(介護病棟 平成17年入職)
 総合病院で勤めてきましたが、結婚後核家族となり、3交代では家庭と仕事の両立は難しかったため、第2子出産を機に退職し、当院に再就職しました。
 総合病院ではサービス残業は当たり前で、休憩時間も30分あるかないかで忙しく家事が出来ない位ヘトヘトだったため、再就職時にはかなり不安を抱いていたのですが、勤務はほぼ時間通り終わり仕事内容も業務に追われずじっくりと患者さんと関わってすごせるため、心身共に楽で家庭と仕事の両立が可能です。
 長期療養の患者さんで治療よりも療養がメインとなるため看護や介護職が自分の意見をカンファレンスで話あってよりよい療養生活を送っていただけるよう日々考えながら仕事を行っているためやりがいもあります。
 院内研修もここ数年間で充実してきているため、看護師としてのスキルも十分磨ける職場だと思っています。
K.M 看護師(医療病棟 平成16年入職)
 長期療養の入院患者様も多く、気心の知れた温かい雰囲気の職場です。そんな中で患者様一人一人と向き合い楽しく仕事しています。
 また、定期的に行われる研修会や委員会活動に参加することで、無理なく少しずつ成長していく事が出来、後輩の指導もしています。
Y.Y 介護職員(通所リハビリテーション 平成21年入職)
 人の役に立つ仕事がしたいと思い、この仕事を選びました。
全くの未経験からのスタートだったため、最初のころは不安の毎日でしたが、主任や先輩方の丁寧な指導とサポートのおかげで3年目を迎えることが出来ました。
また、研修や勉強会参加の機会を与えて頂き、働きやすい環境の中で、今後は介護福祉士の資格取得を目指して行きたいと思います。
U.K 介護職員(介護病棟 平成10年入職)
 無資格で不安を抱えての入社でしたが、色々な事を勉強させて頂き患者様と接する介護業務を通して喜びや仕事のやりがいを与えて頂きました。
仕事をしながらの育児や家事は大変ですが、それ以上に得るものは数多くあります。
今では、介護支援専門員・介護福祉士の資格を取得し他の職員の方々にも助けられながら毎日頑張っています。
M.H 介護職員(くるみショートケア 平成13年入職)
 昨年、結婚してからも仕事を続けています。家庭との両立には不安を感じていましたが、無理なく仕事を続けさせてもらっています。くるみショートケアは、毎月のレクリエーションでお花見、買い物ツアーと利用者様とゆっくり接する時間があり、日々の業務におわれるだけではなく楽しく過ごせる時間も持てる職場です。
【新卒の先輩より】 S.M 事務職員(医事課 平成24年入職)
 今年3月に専門学校を卒業しましたが、パートという形で2月から働かせて頂いていて4月から正式入社します。 学生だった頃とは全く違う生活に、初めはとまどいや不安がありましたが、とても優しい先輩方やあたたかな職場環境に助けられて1ヶ月がたちました。
いま不安が無いといったら嘘になりますが、毎日新しい知識を身につけることが楽しく、やりがいを感じています。
早く先輩方のようになれるよう、日々の生活の中でスキルを磨いていきたいと思います。
当院は日本医療
機能評価機構の
認定病院です。
ページのトップへ