大島くるみ病院

委員会活動


◎委員会活動について
 当院では、下記委員会や各種会議を開催し医療事故防止・サービス向上・職員の自己啓発に努めています。 活動について簡単にご紹介します。

<医局会>
[構成メンバー]
理事長、理事、院長、副院長、事務長

[活動目的]

医師同士の勤務の打ち合わせ

医療技術部の運営方針の審議

病院運営全般の審議

[活動内容]

毎月1回医局会を開催


<薬事委員会>
[構成メンバー]
理事長、理事、院長、副院長、事務長、薬局長 計6名

[活動目的]
院内における医薬品全般の適正使用、管理の向上を図る。

[活動内容]
1.新規採用医薬品について、資料収集の上、協議し、決定する。

2.採用医薬品の管理 、変更、削除等について協議し、決定する。

3.医薬品全般について情報を共有し、必要に応じて協議する。

4.毎月1回開催する。


<医療安全委員会>
[構成メンバー]
医師、各部署の安全対策委員(看護士、介護士)、薬剤師、事務職員

[活動目的]
医療事故の予防・再発防止策ならびに発生時の適切な対応など医療安全体制を確立し、適切かつ安全で質の高い医療サービスの提供を図る。

[活動内容]
1.医療安全対策の検討及び推進

2.医療事故・ヒヤリ・ハット等の情報収集

3.医療事故・ヒヤリ・ハットの分析及び対策立案

4.医療安全のための職員に対する指示

5.医療安全のための啓発・教育・広報


<医薬品安全管理委員会>
[構成メンバー]
医師、各部署の安全対策委員(看護士、介護士)、薬剤師、事務職員

[活動目的]
病院における医薬品の安全使用を確保するための業務を行う。

[活動内容]
1.医薬品の安全使用のための業務手順書を作成する。

2.日常業務が手順書に基づき行われているか、確認し、記録する

3.医薬品の安全使用のための改善策を協議する。

4.情報収集、研修を実施する。

5.毎月1回開催する。


<医療ガス管理委員会>
[構成メンバー]
医師、看護師、事務職員で構成

[活動目的]
医療用ガスの供給設備、使用等について安全管理を行い、事故を未然に防ぐとともに患者様に安全で安定的なガスが供給されることを目的とする。

[活動内容]
1.年一回の会議と、必要に応じて臨時会を随時開催する。

2.医療ガス設備保守点検に立会う。

3.医療ガス設備点検整備記録帳にて、病棟内設備・供給源設備の日常点検を行う。

4.医療施設内の各部門に、医療ガスに関する教育、知識を普及し、啓発に努める。


<院内感染対策委員会>
[構成メンバー]
医師、看護士、介護士、薬剤師、管理栄養士、事務職員

[活動目的・内容]
1.院内感染対策の定期的な検討
・毎月1回、院内感染対策委員会
・毎年2回、院内巡回評価

2.院内の感染症発症状況の監視
・毎月1回、院内感染レポートを作成
・毎日、発熱・下痢患者数の把握

3.院内感染防止策の教育
・毎年2回、院内研修会

4.院内感染発生時の対策
・感染症流行時の情報提供
・院内での予防策の徹底
・行政機関などへの届出


<褥創委員会>
[構成メンバー]
医師、看護師長、看護師(各病棟1名)、介護士(ショート1名)の計6名

[活動内容]
1.褥創の院内発生をゼロを目標に・・
毎月院内褥創発生患者数と保有患者数を褥創報告書にまとめ、25日に集計し病棟に配布する。

2.院内研究発表会で症例発表をする。

3.褥創の原因や予防法、処置方法についてまとめた褥創便りを発行する。



<身体拘束廃止委員会>
[構成メンバー]
医師、看護師長、介護士の計9名

[活動目的]
一人一人の利用者が望む豊かで安全、安心できる快適な生活を提供するため、ケア全体を見直し、身体拘束を廃止する。

[活動内容]
1.月1回委員会を開催
日々の取り組み状況や経過を報告し、改善策について検討する。
身体拘束の実態を把握する。

2.10日に1回病棟内にてカンファレンスを実施
安易に身体拘束が行われていないか、スタッフ間で話し合い、問題意識を共有する。

3.勉強会の開催
職員に拘束に関しての意識付けをする。

<看護学習委員会>
[構成メンバー]
各病棟看護師 計4名

[活動目的]
・看護技術の再確認
・病棟毎の看護行為の統一
・新しい知識、技術を広める

[活動内容]
・月一回の集まり、各階の現状の話し合い
・3〜4ヶ月に一度新しく習得した知識技術の発表を行なう


<介護学習委員会>
[構成メンバー]
介護主任、介護スタッフの計5名

[活動目的]
介護の向上力アップを目指す。

[活動内容]
1.毎月第3水曜日 介護学習委員会開催
研修会を開催する課題や自分たちが勉強したいことなどについて学習する。

2.新人研修の実施
新人を対象にシーツ交換・トランスファー・オムツ交換などの基礎を学んでもらう。

3.介護学習(委員)研修会の実施

介護のいろいろな課題について研修会を開催し、介護職員と共に勉強する。

4.介護セミナーへの参加
セミナーがあれば積極的に参加する。


<労働安全衛生委員会>
[構成メンバー]
産業医、院長、事務員、看護職員、介護職員、ケアマネージャー、管理栄養士

[活動目的]
1.職場での安全と健康を確保し、快適な職場環境をつくる

2.職員への危険・健康障害の防止対策の検討

3.労働災害の原因や再発防止対策の検討

4.職員の健康の保持増進対策の検討。

[活動内容]
1.安全衛生管理目標を定め、院内での運動を展開する

2.職員健診の結果を踏まえ、産業医が中心となって職員の健康管理をフォローしていく

3.委員会活動を通じて、快適な職場環境・作業環境の改善に努める


<栄養給食委員会>
[構成メンバー]
院長、事務長、各病棟担当者、デイ担当者、栄養士

[活動目的]
利用者様に満足・信頼して頂ける食事を提供するために給食サービスや栄養ケアの継続的な改善を行う。

[活動内容]
1.よりよい食事を提供できるように献立の内容や食形態等について意見交換を行う。

2.栄養スクリーニングの結果報告
各病棟の利用者様の栄養状態(低、中、高リスクの割合)を報告する。

3.食事の試食会
利用者様の食事(キザミ食やミキサー食等含む)を試食して味や飲み込みやすさ等を利用者様の立場になって検討する。


<広報委員会>
[構成メンバー]
事務職員2名、介護職員9名で構成

[活動目的]
当院の取組みや最新の医療・介護情報の紹介、入院患者様の誕生日や行事等のお知らせをタイムリーに患者・家族様へご提供する事を目的としています。

[活動内容]
月毎の担当スケジュールを決めて、広報誌の「くるみ病院だより」を月1回発行しています。


<レクリエーション委員会>
[構成メンバー]
介護士 12名

[活動目的]

季節に応じた行事を組み入れることによって療養生活にメリハリをつけ楽しく安定した生活を送れるように援助しています。

[活動内容]
1.年間行事としては夏には納涼祭、冬にはクリスマス会を実施

2.毎週日曜日各病棟でレクリエーションを実施
(例) 風船バレー、玉入れ、散歩等

3.毎月第一土曜日北3階においてカラオケボランティア友の会の方に来て頂き楽しいひと時を送っています。

4.毎月第一木曜日レク委員会を開き、各病棟で行っているレクリエーションの意見交換を行う。

院内活動
 ├院内行事[1]
 ├研修会[2]
 └委員会活動[3]
トップ[0]
Copyright 2008 Ooshima Kurumi Hospital. All rights reserved.