大島くるみ病院

ご挨拶/概要/沿革


◎ご挨拶
院長写真

 大島くるみ病院の創立当時は、介護地獄・老老介護などの言葉が、マスコミで飛び交っていました。当院は、長期療養型病院として、慢性疾患を患った患者様、要介護状態になった患者様とご家族、さらには、地域の皆さんの健康を「くるみ込んで」支援する事を理念として、創立されました。ご迷惑をかけた時期もありましたが、患者様、ご家族、地域の皆様のご支援を得て、平成18年に開院十年を迎え、病院機能評価にも合格することができました。
 開院10年で、病院も成長しましたが、介護保険制度は、猫の目のように制度が変り、数年後には介護保険型長期療養ベッドを全廃する事が決まっています。また、医療保険の財政逼迫もあり、高齢要介護の方々には、給付減・負担増と風向きがきびしい様です。
 これからも、決して平穏な時代とは思えませんが、当院は、開院当初の理念を忘れず、この地域での慢性期高齢者医療の中核を担う病院でありたいと思っています。また、外来診療と在宅支援を通して、地域の皆様の健康を支え続ける存在でありたいと考えています。そのために、職員一同、一層の研修研鑽に勤め、医療・看護・介護レベルの向上を図る決意でおります。今後とも、ご指導・ご支援を宜しくお願い申し上げます。

院長 長堀 毅



◎病院概要
[施設名]
医療法人社団 樫の木会 大島くるみ病院

[開 設]
平成8年4月1日

[診療科目]
内科・リハビリテーション科

[病床数]
療養病棟 149床
医療保険 50床
 看護 5:1
 介護 4:1
介護保険 99床
 看護 6:1
 介護 4:1

[併設施設]
居宅介護支援事業所
 通所リハビリテーション(定員40名)
 短期入所生活介護(定員37名)

[職員数]
医 師 4名
(常勤2名 非常勤2名)
看護職 42名
(常勤28名 非常勤14名)
介護職 73名
(常勤61名 非常勤12名)
薬剤師 2名
(常勤1名 非常勤1名)
管理栄養士 1名
栄養士 1名(非常勤)
理学療法士 2名
放射線技師 3名(非常勤)
介護支援専門員 3名
(常勤2名 非常勤1名)
事務職 4名
その他 45名


◎大島くるみ病院の沿革
[平成6年12月9日]
大島くるみ病院開設申請

[平成7年2月1日]
病院開設許可・療養型病床群設置許可

[平成8年2月29日]
病院施設使用許可申請

[平成8年3月25日]
病院施設使用許可

[平成8年4月1日]
大島くるみ病院 開院
内科、リハビリテーション科 ベッド数 療養病床99床

[平成9年3月19日]
医療法人社団 樫の木会 設立

[平成10年10月27日]
50床 増床 使用許可 ベッド数 149床

[平成11年7月15日]
居宅支援介護事業 指定
名称:くるみ介護センター

[平成11年9月7日]
通所リハビリテーション 定員20名 指定

[平成12年10月31日]
短期入所生活介護 37床 指定
名称:くるみショートケア

[平成14年6月12日]
高岡市内で居宅支援介護事業 開始
名称:マーガレット介護支援センター(現在休止中)

[平成18年4月23日]
開院10周年記念院内発表会・親睦会開催

[平成18年7月24日]
日本医療機能評価機構より療養型病院として認定を受ける

[平成18年9月14日]
通所リハビリテーション 定員20名→30名へ拡大

[平成20年1月15日]
通所リハビリテーション 定員30名→40名へ拡大



病院紹介
 ├病院理念・方針[1]
 ├個人情報保護方針[2]
 ├ご挨拶/概要/沿革[3]
 └アクセス方法[4]
トップ[0]
Copyright 2008 Ooshima Kurumi Hospital. All rights reserved.